災害サミットからの発信 トップへ被災体験の投稿について  
こんなときどうする?災害発生時の対応災害復旧時の対応平常時の対策
トップ > 災害発生時の対応 > 住民への情報伝達
住民への情報伝達

 防災行政無線やマスコミ・ホームページ等を通じた情報伝達が有効である。暴風や豪雨の中では広報車や消防車での巡回広報による告知では、音声は届かないと認識すべきである。住民に確実に伝達するには地区の自治会長等、代表者を通じて伝達することも有効。伝達の内容は水位や雨量の情報、勧告・指示内容など、住民が具体的にイメージできる表現内容で伝えることが肝要である。

広報・伝達の手段は?
誰に伝えるか?
どう伝えるか?