海事

新型コロナウィルス感染症対策に伴う船舶職員及び小型船舶操縦者法関連事務の取扱いについて

新型コロナウイルス感染症対策に係る海技免状等の更新等及び海技試験についてのよくある質問集(Q&A)
 

※具体的な申請手続きは、最寄りの運輸局にご相談下さい。各運輸局の連絡先はこのページの一番下にあります。
 
【1】海技士国家試験・定期試験について (2020/7/1更新)

〇理由書(海技士定期試験の取りやめ)の様式はこちら

 
Q1.7月定期試験を受験予定ですが、人が集まる試験会場に行くことを避けたいです。新型コロナウイルス感染症対策に関連して、何か特例措置はありますか?
A1.新型コロナウイルス感染症対策によるやむを得ない事情があれば、令和2年7月の受験を取りやめて、令和2年10月・令和3年2月の定期試験に振り替えていただくことが可能です。その場合は、お早めに新型コロナウイルス感染症の影響で受験できない旨を記載した理由書を、受験予定の地方運輸局等へ提出してください。
 
Q2.令和2年7月定期試験を取りやめた場合、申請書類はその後の定期試験で使用できますか?
A2.ご使用いただけます。新型コロナウイルス感染症対策に関連して一科目でも受験することができなかった旨を記載した理由書を提出いただければ、添付書類を含む申請書類一式を返却します(*1を除く)。返却された申請書類のうち、「受験票(控)」(*2)を除く書類は、令和2年7月定期試験をもって有効期間を過ぎてしまう書類であっても、令和2年10月・令和3年2月の定期試験に限り有効なものとして使用できるものとします。 
(例:手数料納付書、 筆記試験科目免除証明書、身体検査証明書、住民票、戸籍抄本等、船舶職員養成施設修了証明書、乗船履歴 等)
*1:下記書類は返却されませんのでご注意ください(新しい用紙をお送りします)。
「海技試験申請書(第10号様式)」、「海技士の資格に係る海技士国家試験申請書(二)(第21号様式)」
*2:受験票内の写真は押印してあっても再利用いただけます。
 
Q3.令和2年7月定期試験を取りやめて令和2年10月・令和3年2月の定期試験を受験する場合、受験手数料は再度支払う必要があるのでしょうか?
A3.新型コロナウイルス感染症対策に関連して受験を取りやめた場合、受験手数料は、再度お支払いいただく必要はありません。令和2年7月定期試験を取りやめた際に運輸局から返却された消印済みの収入印紙を、令和2年10月・令和3年2月の定期試験でご提出いただければ支払いは不要です。
 
Q4.新型コロナウイルス感染症対策に関連して受験をとりやめた場合、令和2年7月定期の申請をした地方運輸局とは別の運輸局で、令和2年10月・令和3年2月の定期試験を受験することはできますか?
A4.可能です。令和2年10月・令和3年2月に受験をする際は、返却された申請書類一式(受験票(控)を除く)を、受験を希望する地方運輸局等に改めて提出いただくことになりますが、消印済みの収入印紙を含め、通常通りお使いいただけます。
 
 
【2】海技免状・小型船舶操縦免許証の申請について
〇理由書(海技免状・小型船舶操縦免許証)の様式はこちら
〇やむを得ず書類の原本が用意できないとき→原本証明の確認リストはこちら
 
Q1.海技免状又は小型船舶操縦免許証(以下、海技免状等)の有効期間がまもなく満了しますが、人が集まる更新講習会場に行くことを避けたいため、このままでは海技免状等が失効してしまいます。新型コロナウイルス感染症対策に関連して、何か特例措置はありますか?
A1.海技免状等の有効期間が満了した後でも、新型コロナウイルス感染症対策によるやむを得ない事情があれば、更新申請ができるように取り扱います。更新申請及び更新講習受講の際は、やむを得ない事情を記載した理由書を提出してください。この場合、新しい有効期間は今お持ちの海技免状等の有効期間満了日から5年間となります。
 
Q2.新型コロナウイルス感染症対策による影響により、現時点では更新講習を受講することができません。まもなく海技免状等の有効期間が満了しますが、乗船する必要があるため、有効な海技免状等が必要となります。何か特例措置はありますか?
A2.理由書と現在お持ちの海技免状等を地方運輸局等窓口に提出いただければ、今後の講習受講予定日等を確認した上で、当該海技免状等に穴を開けた上で「有効期間更新手続き中シール」を貼付します。当該シールに記載された日付までは、お持ちの海技免状等で乗船することが可能ですが、記載の期日に関わらず、外出が可能な状況となりましたら、可能な限り速やかに更新講習を受講するようお願いします。なお、シールの貼付手続きは郵送で行うことも可能です。
 
Q3.上記の「有効期間更新手続き中シール」の手続きをした際に、海技免状等に穴が空けられてしまったのですが、穴が開いた海技免状等は使えるのですか?
A3.穴が空いていたとしても、海技免状等に「有効期間更新手続き中シール」を貼付することで、引き続き乗船することが可能です。
 
Q4.更新講習は既に受講していますが、新型コロナウイルス感染症対策による影響により、更新申請を行うことができないまま、講習修了日から3ヶ月が経過し、海技免状等の有効期間も経過しました。何か特例措置はありますか?
A4.お持ちの海技免状等の有効期間満了日に更新講習を受講したものと取り扱います。再度講習を受講していただく必要はございません。外出が可能な状況となりましたら、理由書その他必要書類を添付して地方運輸局等で更新手続きを行ってください。
 
Q5.更新申請の特例措置の扱いは、更新講習の受講だけでなく身体検査の受検についても適用となるのでしょうか。
A5.新型コロナウイルス感染症対策の影響により、身体検査を受検できずに海技免状等の有効期間が経過した場合は、特例措置の対象となります。外出が可能な状況となりましたら、可能な限り速やかに身体検査を受検していただき、理由書その他必要書類を添付して地方運輸局等で更新手続きを行ってください。
 
Q6.海技免状等の免許申請を行いたいのですが、新型コロナウイルス感染症対策による影響により、免許申請を行うことができないまま、試験合格日から1年が経過しました。何か特例措置はありますか?
A6.申請が1年を経過した後であっても、期限内に申請があったものと取り扱います。この場合、更新申請と同じくやむを得ない事情を記載した理由書を提出してください。
 
Q7.今回の特例措置はいつまで適用となるのでしょうか。
A7.特例措置の期限は特に設けておりません。新型コロナウイルスが収束した後であっても、申請できなかった理由として新型コロナウイルス感染症対策によるやむを得ない事情があれば、特例措置の対象となります。
 
Q8.海技免状等の更新のために身体検査を受け、身体検査証明書の交付を受けたが、新型コロナウイルス感染症対策の影響により、更新講習受講や更新申請を行うことができず、3ヶ月を経過しました。当該身体検査証明書は使用できないのでしょうか?
A8.身体検査証明書の交付を受けたものの、新型コロナウイルス感染症対策の影響により、身体検査証明書の証明日から3ヶ月を経過してしまった場合でも、更新申請時に理由書を添付いただければ、当該証明書で更新手続ができます。
 
Q9.新型コロナウイルスの影響により、海技免状等の更新のために運輸局の窓口に行くことができません。郵送で手続きを行うことはできるでしょうか?
A9.更新申請に必要な書類を封筒に入れていただき、郵送で手続きを行うことはできます(郵送方法は申請先の地方運輸局等にご確認願います)。郵送にあたっては、簡易書留分の切手を貼り付けた返信用封筒(海技免状はA4版が入る定形外サイズ、小型船舶操縦免許証は定形サイズ)を同封して下さい(新しい海技免状等を郵送するのに必要となります)。なお、申請に関して取り急ぎ確認する場合がございますので、すぐに連絡がとれる電話番号を申請書に忘れずにご記入下さい。申請方法について分からない点がございましたら、申請先の地方運輸局等までお問い合わせ下さい。
 
 
【3】締約国資格証明書受有者承認証の申請について
〇理由書(締約国資格証明書受有者承認証関係)の様式はこちら
〇やむを得ず書類の原本が用意できないとき→原本証明の確認リストはこちら
 
Q1.締約国資格証明書受有者承認証(以下、承認証)の有効期限がまもなく満了しますが、新型コロナウイルス感染症対策による影響により、再承認申請を行うことができません。何か特例措置はありますか?
A1.承認証の有効期間が満了した後でも、締約国資格証明書が有効であれば、再承認申請ができるように取り扱います。
 
Q2.締約国資格証明書受有者承認証(以下、承認証)の再承認申請を行いたいのですが、身体検査の受検ができません。再承認申請の特例措置の扱いは、身体検査の受検についても適用となるのでしょうか。
A2.新型コロナウイルス感染症対策の影響により、身体検査を受検できずに承認証の有効期間が経過した場合は、特例措置の対象となります。外出が可能な状況となりましたら、理由書その他必要書類を添付して地方運輸局等で再承認申請の手続きを行ってください。
また、締約国資格受有者承認証交付申請受理証明(以下、受理証明)の交付を希望される場合には、締約国資格受有者身体証明書が添付されていない場合であっても交付しますが、受理証明の有効期限は交付日(申請期限を超えて行われる再申請の場合は、承認証の有効期限の満了日)より3か月となりますのでご注意ください。
 
Q3.今回の特例措置はいつまで適用となるのでしょうか。
A3.特例措置の期限は特に設けておりません。新型コロナウイルスが収束した後であっても、申請できなかった理由が新型コロナウイルス感染症対策によるやむを得ない事情があれば、特例措置の対象となります。
 
 

 
問い合わせ先(地方運輸局)連絡先一覧
具体的な申請手続きは、最寄りの運輸局にご相談下さい。
 
北海道運輸局 海上安全環境部 船員労働環境・海技資格課
住  所 :札幌市中央区大通西10 札幌第二合同庁舎
電話番号:011-290-2772
 
東北運輸局 海上安全環境部 船員労働環境・海技資格課
住  所 :仙台市宮城野区鉄砲町1 仙台第四合同庁舎
電話番号:022-791-7524
 
関東運輸局 海上安全環境部 船員労働環境・海技資格課
住  所 :横浜市中区北仲通5-57 横浜第二合同庁舎
電話番号:045-211-7232
 
北陸信越運輸局 海事部 船員労働環境・海技資格課
住  所 :新潟市中央区美咲町1-2-1 新潟美咲合同庁舎2号館
電話番号:025-285-9159
 
中部運輸局 海上安全環境部 船員労働環境・海技資格課
住  所 :名古屋市中区三の丸2-2-1 名古屋合同庁舎第1号館
電話番号:052-952-8027
 
近畿運輸局 海上安全環境部 船員労働環境・海技資格課
住  所 :大阪市中央区大手前4-1-76 大阪合同庁舎第4号館
電話番号:06-6949-6434
 
神戸運輸監理部 海上安全環境部 船員労働環境・海技資格課
住  所 :神戸市中央区波止場町1-1 神戸第二地方合同庁舎
電話番号:078-321-7053
 
中国運輸局 海上安全環境部 船員労働環境・海技資格課
住  所 :広島市中区八丁堀6-30 広島合同庁舎4号館
電話番号:082-228-8707
 
四国運輸局 海上安全環境部 船員労働環境・海技資格課
住  所 :高松市サンポート3-33 高松サンポート合同庁舎南館
電話番号:087-802-6831
 
九州運輸局 海上安全環境部 海技資格課
住  所 :福岡市博多区博多駅東2-11-1 福岡合同庁舎新館
電話番号:092-472-3176
 
沖縄総合事務局 運輸部 船舶船員課
住  所 :那覇市おもろまち2-1-1 那覇第二地方合同庁舎2号館
電話番号:098-866-1838

ページの先頭に戻る