dt23-05

3D都市モデル、BIMモデル、空間IDを統合した都市開発支援ツールの開発

実施事業者株式会社シナスタジア/大成建設株式会社
実施場所東京都新宿区
実施予定2023年11月〜12月
Share

3D都市モデル、BIMモデル、空間IDを統合した都市開発支援ツール「PLATEAU TwinLink」を開発。都市開発、都市計画、建築設計におけるプランニングや合意形成、シティプロモーションの円滑化・価値向上を目指す

実証実験の概要

近年、都市空間のデジタルツインを実現するPLATEAUの3D都市モデルの登場に加え、BIMモデル活用の広がりや、多様な地理空間情報のインデックスである「空間ID」の開発など、様々なスケールで静的・動的な空間情報を統合的に扱うための技術的基盤が整いつつある。他方で、これらの新たなデータを活用した実務レベルや市民レベルの具体的なソリューションは未だ登場していない。

今回の実証実験では、「3D都市モデル」、「BIMモデル」、「空間ID」を統合したデジタルツイン基盤を構築し、これを活用することで都市計画の検討や都市開発のプロポーザル、建築設計の合意形成、シティプロモーションなど、まちづくりの各フェーズで利用可能な汎用的な都市開発支援ツールを開発する。行政担当者やデベロッパーなどのまちづくりの実務を担うプレイヤーが業務で利用可能なツールとすることで、まちづくりの多様なフェーズにおける業務円滑化や価値向上を目指す。

都市開発支援ツール「PLATEAU TwinLink」の画面イメージ

実現したい価値・目指す世界

デジタル庁を中心に2022年から社会実装が進められている「空間ID」については、共通仕様の策定や共通ライブラリのオープンソース化などにより、その活用に向けた技術的基盤が整いつつある。また、国土交通省が推進するPLATEAUの「3D都市モデル」や「BIMモデル」といった地理空間情報に関する取組みも進められているが、実務レベルや市民レベルのプロセスにおけるこれらの活用は限られている。

今回の実証実験では、3D都市モデルとBIMモデル、空間IDを統合したデジタルツイン基盤を用いて、都市開発の領域における新たなソリューションを開発することで、デジタルツインの社会実装を推進する。
具体的には、多様な地理空間情報を複合的に解析することが求められている都市計画、都市開発、建築設計の各フェーズにおける検討、プロポーザル、合意形成、シティプロモーション等で利用可能な機能群をゲームエンジンを用いて実装し、都市開発支援ツール「PLATEAU TwinLink」として提供する。例えば、エリア全体を俯瞰的に見渡しながら、フォーカス対象となる建築物の設計情報等を閲覧できる機能、エリア内に存在する観光地や公共施設などが確認できるシティビュー機能、周辺施設を選択すると当該施設の概要が表示される機能、周辺施設情報の表示機能、周辺施設情報で選択した施設を目的地として設定しそこまでの移動経路が表示される経路案内機能などを実装する。
また、本ツールでは一般消費者へ不動産販売を行うデベロッパーやまちづくりの現場において住民説明を行う事業者(デベロッパー・行政・まちづくり団体)などのユーザーを想定し、直観的なUI操作やハイクオリティのビジュアライゼーションを行う。

本ツールを活用することによって、不動産販売や住民説明の現場において、模型や映像、パンフレット等を使ったこれまでのプロモーションツールと比較し、一般消費者や一般住民に対して内容をより分かりやすく、魅力的に伝えることができるようになることを目指す。

対象エリアの地図(2D)
対象エリアの地図(3D)