uc22-034

河川整備効果の見える化

実施事業者株式会社福山コンサルタント
実施場所千葉県茂原市(八千代 / 茂原 / 長清水地区地域)
実施予定-
Share

河川整備による水害リスクの低減効果を可視化するツールを開発。河川管理や防災政策のアカウンタビリティの向上を目指す。

実証実験の概要

近年、気候変動による水災害の激甚化、頻発化が懸念されている中、流域全体で水害による被害を軽減するため、河川改修工事の推進が一層急務となっている。水防災の視点から今後必要となる河川整備事業を長期にわたり円滑に進めるためには、沿川住民の協力のもとで災害リスクに関する認識の向上と河川工事の意義への理解が必要である。

今回の実証実験では、河川管理や防災対策に関する住民アカウンタビリティ向上に資するため、3D都市モデルを活用した現状の水害リスクと河川改修工事による整備段階毎のリスク低減効果を可視化するツールを開発し、その技術検証を行う。

実現したい価値・目指す世界

気候変動の影響に伴う水災害の激甚化・頻発化を踏まえ、「水防災意識社会」の再構築およびあらゆる関係者の連携により流域全体で行う総合的かつ多層的な水害対策である「流域治水」の取組への転換が進められている。千葉県茂原市では、令和元年10月の豪雨によって甚大な被害が発生するなど、これまで多くの浸水被害を受けてきた水害リスクの高い地域であり、「一宮川流域治水協議会」を設置し、流域全体で水害による被害軽減に向けた取組を推進している。

今回の実証実験では、3D都市モデルを活用し、一宮川沿川地域の河川整備事業の各段階において、水害リスクがどのように低減していくのかの分析を行い、その結果を三次元的に表現する河川整備効果の可視化ツールを開発する。この可視化ツールを活用することで、住民の水害リスクに関する認識・関心度の向上と河川管理や防災政策のアカウンタビリティの向上を実現する。さらに、行政区を越えた流域全体での河川整備による水害リスクの可視化を行うことで、流域全体での河川整備方針等の認識の共有化に寄与する。

具体的には、3D都市モデルの建物の属性情報を活用することで、個々の建物に対して水害リスクを算出することが可能となり、よりリスク評価の細緻化が実現できる。また、「流域治水」の取組を見据えて、流域全体のリスク評価を俯瞰的に可視化し、関係者相互で共有することで、立地適正化計画など水害に強いまちづくり等の施策判断・意思決定に際して有効となることが期待できる。

対象エリアの地図(2D)
対象エリアの地図(3D)