uc22-039

徒歩及び車による時系列水害避難行動シミュレーション

実施事業者株式会社ライテック
実施場所熊本県熊本市(南区の特定4校区および北側に隣接する沿岸地域の8校区)
実施期間-
Share

水害発生時の渋滞などの避難行動を事前にシミュレーション。防災計画の改善・立案や、住民の水害避難への意識の啓発に役立てる。

実証実験の概要

洪水、高潮、津波等の災害リスクに対応し、適切な避難行動を盛り込んだ防災計画を立案するためには、災害発生時の徒歩や車による避難行動を予測した上で、誰が、いつ、どこへ、どのルートで避難するのか、エリアごとに適した避難行動の準備が必要となる。一方、これまでのところ、住民の避難行動を定量的に事前予測するシミュレーション技術は確立されていない。

今回の実証実験では、3D都市モデルをベースとして、災害発生時の時系列的な徒歩及び車による住民の避難行動をシミュレーションするシステムを開発する。さらに、その結果に基づき、様々なパターンの水害や避難行動ごとの問題点の把握や、これに基づく校区レベルの地区防災計画の立案、住民一人ひとりの防災行動計画(マイタイムライン)の普及促進を目指す。

出典:国土地理院

実現したい価値・目指す世界

熊本市南区で令和3年度に実施されたアンケート調査によると、平成28年4月に発生した熊本地震の際に、車で避難したため、移動に長時間を要した人や、渋滞のため、避難を諦めたと回答した人が一定数いることが明らかになった。車での避難には渋滞や避難場所での駐車スペース不足等の問題が懸念され、実際に、熊本地震の際には多くの住民が車で避難したことによって渋滞が発生した。熊本市の地域防災計画では、津波発生時には徒歩での避難を原則としているが、こうした原則を徹底するためには、望ましい避難行動のあり方について、住民に対する啓発活動が重要である。

今回の実証実験では、3D都市モデルを活用し、時系列的な徒歩及び車による住民の避難行動と浸水域を再現する『3D水害避難シミュレーションシステム』を開発し、熊本市の担当職員が、水害ケースごとに想定した避難行動シナリオのシミュレーション結果(渋滞の発生状況、避難に要する時間、各避難場所の避難者数等)を閲覧することを可能にする。これにより、地域防災計画の適切な改善と実効性の向上に役立てることを目指す。さらに、住民一人ひとりが、避難開始地点・タイミング、避難先の位置や徒歩・車の別等を指定することで、浸水状況と、避難行動の軌跡を動的に再現し、被災リスクの有無などをアイレベルで体験することを可能とする『3Dパーソナル避難シミュレーションソフトウェア』を開発する。これにより、住民一人ひとりの正しい避難行動への意図形成を促すとともに、校区レベルの地区防災計画の立案マイタイムラインの普及の促進に役立てることを目指す。

対象エリアの地図(2D)
対象エリアの地図(3D)