物流

我が国物流システムの国際標準化等の推進

 近年、ASEANでは、所得の向上に伴い食生活が多様化し、流通段階におけるコールドチェーン物流の需要が高まっています。
 一方、現状では質の高いコールドチェーン物流サービスを提供できる現地の物流事業者はまだ少なく、コストは低いものの
温度管理が不十分なサービスが散見され、健康被害や輸送途中での食料廃棄が問題となるほか、消費者や荷主のサービス品質への
信頼が得られず、コールドチェーン物流サービス自体が市場で定着しにくくなることが懸念されています。
 こうした状況を踏まえ、我が国は、平成29年7月に閣議決定した「総合物流施策大綱(2017年度~2020年度)」において、
我が国の物流事業者が高まるアジア諸国の物流需要を取り込むために、日本式コールドチェーン物流サービスの国際標準化や普及を
重要施策の一つとして位置づけ、取組を進めてきました。

我が国物流システムの国際標準化等の推進に関する連絡検討会

第1回(平成28年3月28日)  
  議事概要
  議事次第
  委員名簿
  出席者名簿
  資料1.事務局資料

第2回(平成28年6月22日)
  議事概要 
  議事次第
  委員名簿
  資料1
  資料2

第3回(平成28年9月13日)
  議事概要
  議事次第
  委員名簿
  資料1

第4回(平成29年2月2日)
  議事概要
  議事次第
  委員名簿
  資料1
  資料2

第5回(平成29年10月17日)
  議事概要
  議事次第
  委員名簿
  資料1
  資料2
  資料3

第6回(平成31年1月24日)
  議事概要
  議事次第
  委員名簿
  資料1
  資料2
  資料3
  資料4
  資料5

お問い合わせ先

国土交通省総合政策局参事官(国際物流)室
電話 :03-5253-8111(内線25426)
直通 :03-5253-8800
ファックス :03-5253-1559

ページの先頭に戻る