海事

浮体式洋上風力発電施設の普及促進について - 安全確保のための技術基準の制定等 -

 風力発電については、エネルギー基本計画等によりその推進が位置づけられており、また、東日本大震災を踏まえ、その導入促進に大きな期待が寄せられています。一方、我が国は風力発電の設置に適した陸地面積が限られており、かつ周辺に浅海域が少ないため、その普及拡大のためには、浮体式洋上風力発電の重要性が増大するものと見込まれます。
 このような背景から、国土交通省海事局では、浮体式洋上風力発電施設の安全確保を図ることを目的に浮体式洋上風力発電施設に係る安全性の検討を行い、船舶安全法に基づき構造や設備の要件を定めた技術基準を制定しました。また、合理的かつ効率的な安全設計を促進するため、安全ガイドラインを策定しました。
 安全を確保しつつ、基準のより一層の合理化、新技術の円滑な市場への実装により、浮体式洋上風力発電の低コスト化を実現するため、国土交通省海事局では安全評価手法の確立等に引き続き取り組んでいます。




<添付資料>
浮体式洋上風力発電施設技術基準(令和2年3月3日改正)
新旧比較表(令和2年3月3日改正分)

・浮体式洋上風力発電施設技術基準安全ガイドライン(令和2年3月3日改正)
浮体式洋上風力発電施設技術基準安全ガイドライン 付録(令和2年3月3日改正)

・船舶安全法施行規則第一条第四項の特殊な構造又は設備を有する船舶を定める告示


<参考>
・浮体式洋上風力発電施設のコスト削減に向けた安全評価手法の確立
浮体式洋上風力発電施設の建造・設置等のコストを低減させ、商用化拡大へ(令和2年3月3日報道発表)
浮体式洋上風力発電施設の普及促進について(平成24年4月23日報道発表)



お問い合わせ先

(技術基準関係)国土交通省海事局安全政策課
電話 :03-5253-8111(内線43-565)
直通 :03-5253-8631
ファックス :03-5253-1642
(その他全般)国土交通省海事局海洋・環境政策課
電話 :03-5253-8111(内線43-954)
直通 :03-5253-8614
ファックス :03-5253-1644

ページの先頭に戻る