country-flag

バングラデシュ

基礎情報

基本事項

国・地域名

バングラデシュ人民共和国(People's Republic of Bangladesh)

面積

147,000km²

人口

1億6,175万人(2017年1月、バングラデシュ統計局)

首都

ダッカ

民族

ベンガル人が大部分を占める。ミャンマーとの国境沿いのチッタゴン丘陵地帯には,チャクマ族等を中心とした仏教徒系少数民族が居住。

言語

ベンガル語

宗教

イスラム教徒88.4%、その他(ヒンズー教徒、仏教徒、キリスト教徒)11.6%(2016年、バングラデシュ統計局)

出典

外務省「各国・地域情勢 バングラデシュ 基礎データ」(2018年02月14日)

政治体制

政体

共和制

元首

Md.アブドゥル・ハミド大統領

議会

一院制(総議席350)

出典

外務省「各国・地域情勢 バングラデシュ 基礎データ」(2018年02月14日)

経済

主要産業

衣料品・縫製品産業、農業

名目GDP(10億米ドル)

208.3(2015年)、235.6(2016年)、261.4(2017年)

一人当りGDP(米ドル)

1,303(2015年)、1,459(2016年)、1,602(2017年)

GDP成長率(%)

6.84(2015年)、7.20(2016年)、7.14(2017年)

消費者物価上昇率(%)

6.19(2015年)、5.43(2016年)、n.a.(2017年)

貿易額(100万米ドル)

〔輸出〕

29,925(2015年)、 30,131(2016年)、31,328.(2017年)

〔輸入〕

39,413(2015年)、41,158(2016年)、47,751(2017年)

主要貿易品目

〔輸出〕

ニットウェア(46.8%)、既製品(ニットを除く)(36.2%)、革製品(3.7%)、ジュート製品(2.8%)、冷凍魚介類(2.1%)、ホーム・テキスタイル(1.9%)石油製品(0.2%)

〔輸入〕

綿花・綿製品(14.4%)、鉱物・石油製品(11.8%)、機械設備(9.3%)、鉄鋼製品(5.7%)、機械機器(5.2%)、穀物類(4.5%)、食用油(4.3%)

貿易相手国

〔輸出〕

米国、ドイツ、英国、フランス、スペイン、イタリア、日本、中国、オランダ、ベルギー

〔輸入〕

中国、インド、シンガポール、日本、インドネシア、韓国、米国、マレーシア

(2015年度、バングラデシュ中央銀行)

対日貿易(100万米ドル)

〔輸出〕

614(2015年)、691(2016年)、666(2017年)

〔輸入〕

1,533(2015年)、1,831(2016年)、1,672(2017年)

主要対日貿易品目

〔日本の主要輸出品目〕

輸送用機器(26.3%)、鉄鋼(26.1%)、機械(23.7%)、電気機器(4.2%)、精密機器(2.1%)

〔日本の主要輸入品目〕

衣類・同付属品(ニットに限る)(37.9%)、衣類・同付属品(ニットを除く)(35.5%)、履物(6.3%)、革製品等(4.3%)、ホームテキスタイル製品(3.6%)

(2017年度、Global Trade Atlas)

日本からの直接投資(百万米ドル)

48.3(2016年、バングラディシュ財務省)

通貨

タカ

為替レート

1米ドル=78.62タカ(2017年度平均、バングラデシュ中央銀行)

在留邦人

841人(外務省「海外在留邦人数調査統計(平成30年要約版)」)

日系企業数

269社(駐在員事務所含む、2018年5月時点 ジェトロ・ダッカ事務所)

出典

主要産業、主要貿易品目、貿易相手国、通貨、為替レート、在留邦人

外務省「各国・地域情勢 バングラデシュ 基礎データ」(2018年02月14日)

名目GDP、一人当り名目GDP、実質GDP成長率、消費者物価上昇率、貿易額、対日貿易

日本貿易振興機構(JETRO)「国・地域別に見る バングラデシュ 基礎的経済指標」(2018年07月20日)

主要対日貿易品目、日本からの直接投資、日系企業数

日本貿易振興機構(JETRO)「国・地域別に見る バングラデシュ 概況 日本との関係」(2018年06月26日)

労働力関係

失業率(%)

n.a.(2015年)、4.18(2016年)、n.a.(2017年)

労働時間

標準的な就労時間は1日あたり8時間以下である。しかしながら別途残業手当が支給される場合には、1日当たり10時間以内の就労が認められる。労働者は週48時間を超えて就労してはならない。ただし、別途残業手当が支給される場合は、週当たり60時間以内の就労が認められるものとするが、年間平均週56時間以内に留めることが必要である。

賃金(米ドル)

ダッカ
  • ワーカー
  • 基本給:101
    年間負担総額:1,885
  • エンジニア
  • 基本給:241
    年間負担総額:4,994
  • 中間管理職
  • 基本給:562
    年間負担総額:9,794
  • スタッフ
  • 基本給:331
    年間負担総額:5,752

(年間負担総額は基本給、諸手当、社会保障、残業代、賞与などを含む)

ワーカーは実務経験3年程度の一般工職/エンジニアは専門学校/大卒以上かつ実務経験5年程度の中堅技術者/中間管理職は大卒以上かつ実務経験10年程度の課長クラス/スタッフは実務経験3年程度の一般職(非製造業)

出所:在アジア・オセアニア日系企業活動調査、2017年12月~2018年1月ジェトロ実施

法定最低賃金(米ドル)

  • 56(見習い)
  • 70(ヘルパー)
  • 80.5(ジュニア・オペレーター)
  • 85.75(オペレーター)
  • 91(シニア・オペレーター)
  • 140(熟練工)
  • ※月額、バングラデシュ輸出加工区(EPZ)内、衣料等関連分野

改定日:2013年12月1日、出所:バングラデシュ輸出加工区庁(BEPZA)

出典

失業率

日本貿易振興機構(JETRO)「国・地域別に見る バングラデシュ 基礎的経済指標」(2018年07月20日)


労働時間

日本貿易振興機構(JETRO)「バングラデシュ労務管理マニュアル-改正労働法(2013)のポイント解説」(2013年12月)


賃金、法定最低賃金

日本貿易振興機構(JETRO)「投資コスト比較 ダッカ(バングラデシュ)

生活環境

気候

典型的な熱帯モンスーン気候で、高温多湿であり、季節の変わり目にしばしばサイクロン、高潮、竜巻に襲われる。季節は夏季(4~5月)、雨季(6~10月)、冬季(11月~1月)、春季(2~3月)に分けられる。

買い物、食事、住宅

〔買い物〕

日常的な食料品は豊富に出回っているが、和食の食材はバンコク、シンガポール等で調達する。

〔食事〕

ダッカ市内ではグルシャン地区、ボナニ地区などに各国料理の店がある。

〔住宅〕

ダッカ市内のグルシャン地区、バリダラ地区に外国人向けの賃貸物件が多い。

治安、医療、危険度

〔治安〕

連日のように凶悪事件、特に銃器を使用した殺人、強盗事件及び違法銃器の押収に関する事件が発生している。2015年1月に入り、全国規模の道路封鎖やハルタルが再度活発化しており、注意が必要。国内においてもテロ組織が存在しており、新たなテロを計画している可能性もある。日本人、日本権益がテロを含む様々な事件に巻き込まれる危険がある。

〔危険度〕

全土
レベル2:不要不急の渡航は止めて下さい。(継続)

〔医療〕

医師や医療スタッフの数が不足している。専門的な治療や入院を要する場合は、日本、バンコク、シンガポールへ出て治療を受けるのが現状である。

宗教・慣習等の留意点

憲法上イスラム教は国教とされ、日常生活の行動規範もイスラム教の影響が強い。

日本人がアルコール類を購入し、また、自宅に運搬する場合には、購入者である日本人が、個人的に消費するものであることを証明できるようにする。バングラデシュ人に対しては、アルコールに係る国内規制があるため、日本人が大量のアルコール類を購入・運搬し、また、運転手以外のバングラデシュ人が同行している場合等、バングラデシュ人への転売の可能性が疑われる際には事情聴取等が行われる可能性がある。

出典

気候、買い物、食事、住宅

国際協力機構(JICA)「世界の様子(国別生活情報)アジア バングラデシュ」(2015年)

医療

外務省「在外公館医務官情報 バングラデシュ」(2016年10月)

治安、宗教・慣習等の留意点、危険度

外務省「海外安全ホームページ バングラデシュ 安全対策基礎データ」(2018年11月09日)

※当データベースについては、細心の注意を払って情報収集をしておりますが、必ずしも正確性または完全性を保証するものではありません。国土交通省は、閲覧者が当データベースの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

トップへ