country-flag

マレーシア

基礎情報

基本事項

国・地域名

マレーシア(Malaysia)

面積

約33万km²

人口

3,200万人(2017年マレーシア統計局)

首都

クアラルンプール

民族

マレー系(約67%)、中国系(約25%)、インド系(約7%)

言語

マレー語(国語)、中国語、タミール語、英語

宗教

イスラム教(連邦の宗教)(61%)、仏教(20%)、儒教・道教(1.0%)、ヒンドゥー教(6.0%)、キリスト教(9.0%)、その他

出典

外務省「各国・地域情勢 マレーシア 基礎データ」(2019年02月01日)

政治体制

政体

立憲君主制(議会制民主主義)

元首

アブドゥラ第16代国王

(2019年1月就任,任期5年,統治者会議で互選。パハン州スルタン)

議会

    二院制
  • 上院:70議席、任期3年。44名は国王任命、26名は州議会指名
  • 下院:222議席、任期5年。直接選挙(小選挙区制)
出典

外務省「各国・地域情勢 マレーシア 基礎データ」(2019年02月01日)

経済

主要産業

製造業(電気機器)、農林業(天然ゴム、パーム油、木材)及び鉱業(錫、原油、LNG)

名目GDP(10億米ドル)

297(2015年)、297(2016年)、315(2017年)

一人当り名目GDP(米ドル)

9,509(2015年)、9,390(2016年)、9,818(2017年)

実質GDP成長率(%)

5.0(2015年)、4.2(2016年)、5,9(2017年)

消費者物価上昇率(%)

2.1(2015年)、2.1(2016年)、3.7(2017年)

貿易額(100万米ドル)

〔輸出〕

199,248(2015年)、189,743(2016年)、217,944(2017年)

〔輸入〕

176,089(2015年)、168,684(2016年)、195,243(2017年)

主要貿易品目

〔輸出〕

電気製品、パ-ム油、化学製品、原油・石油製品、LNG、機械・器具製品、金属製品、科学光学設備、ゴム製品等

〔輸入〕

電気製品、製造機器、化学製品、輸送機器、金属製品、原油・石油製品、鉄鋼製品、科学光学設備、食料品等

貿易相手国

〔輸出〕

シンガポール、中国、米国(2016年)

〔輸入〕

中国、シンガポール、日本(2016年)

対日貿易(100万米ドル)

〔輸出〕

18,687(2015年)、15,259(2016年)、17,424(2017年)

〔輸入〕

13,784(2015年)、13,770(2016年)、14,816(2017年)

主要対日貿易品目

〔日本の主要輸出品目〕

電気機器(22.8%)
一般機械(17.1%)
輸送機器(12.1%)
鉄鋼(5.8%)
プラスチック(5.1%)

〔日本の主要輸入品目〕

液化天然ガス(35.0%)
電気機器(26.4%)
木製品およびコルク製品(家具を除く)(4.5%)
石油および同製品(3.7%)
光学・測定機器(3.8%)
一般機械(3.8%)

(2017年)(財務省貿易統計)

日本からの直接投資(億円)

4,605(2015年)、2,435(2016年)、3,123(2017年)

通貨

リンギ

為替レート

1米ドル=約4.30リンギット、1リンギット=約25.6円

(2017年4月28日終値(マレーシア中央銀行))

在留邦人

24,411人(2017年10月1日現在)(外務省)

日系企業数

1,396社(製造業712社、非製造業684社)(2016年12月時点)

出典

主要産業、主要貿易品目、貿易相手国、為替レート

外務省「各国・地域情勢 マレーシア 基礎データ」(2019年02月01日)

主要対日貿易品目、在留邦人、日系企業数

日本貿易振興機構(JETRO)「国・地域別に見る マレーシア 概況 日本との関係」(2018年06月15日)

日本からの直接投資

財務省「対外・対内直接投資の推移(国際収支マニュアル第6版準拠) 3.対外直接投資(地域別)

名目GDP総額、一人当たりの名目GDP、実質GDP成長率、消費者物価上昇率、貿易額、対日貿易

日本貿易振興機構(JETRO)「国・地域別に見る マレーシア 基礎的経済指標」(2019年01月29日)

労働力関係

失業率(%)

3.1(2015年)、3.4(2016年)、3.4(2017年)

労働時間

  • 1日の労働時間は原則8時間以内とされている。一週間の総労働時間は48時間を超えてはならない。
  • 1日に労働者を10時間以上拘束することも禁止されている。これは労働を開始した時間から連続10時間を意味し、その間の休憩時間や作業休止時間すべてを含む。
  • 5時間を超えて連続労働させる場合、使用者は労働者に30分以上の休憩時間を与えなければならない。

賃金(米ドル)

クアラルンプール

  • ワーカー
  • 基本給:356
    年間負担総額:5,900
  • エンジニア
  • 基本給:784
    年間負担総額:12,179
  • 中間管理職
  • 基本給:1,540
    年間負担総額:24,174
  • スタッフ
  • 基本給:888
    年間負担総額:13,709

(年間負担総額は基本給、諸手当、社会保障、残業代、賞与などを含む)

※ワーカーは実務経験3年程度の一般工職/エンジニアは専門学校/大卒以上かつ実務経験5年程度の中堅技術者/中間管理職は大卒以上かつ実務経験10年程度の課長クラス/スタッフは実務経験3年程度の一般職(非製造業)

法定最低賃金

半島マレーシア

251/月 (2016年04月29日施行)

サバ州、サラワク州、ラブアン島

231/月 (2016年04月29日施行)

出典

失業率

日本貿易振興機構(JETRO)「国・地域別に見る マレーシア 基礎的経済指標」(2019年01月29日)

労働時間

厚生労働省「2016年 海外情勢報告」第5章 第2節 マレーシア

賃金、法定最低賃金

日本貿易振興機構(JETRO)「投資コスト比較 クアラルンプール(マレーシア)

生活環境

気候

気候はいわゆる常夏で日中の気温は年間を通じて24度から32度となるが、夜間・早朝にかけては比較的涼しい。10月から2月が雨季にあたるため降水量が多くなる。

買い物、食事、住宅

〔買い物〕

クアラルンプール周辺には日系の伊勢丹百貨店やイオンなどが進出しており、日本で出回っている食料品のほとんどが入手できる。

〔食事〕

クアラルンプールには数多くの日本食レストランがある。

〔住宅〕

外国人には、防犯設備と娯楽設備(プール、テニスコートなど)が整っているコンドミニアムが人気である。最近は単身者を中心にサービスアパートメントと呼ばれるホテル経営の物件を選択するケースも多い。

治安、医療

〔治安〕

2016年におけるマレーシアの犯罪届出件数は112,354件であり,前年比で3,707件減少している。  
マレーシア国家警察は,犯罪発生件数は着実に減少していることを強調すると一方,スリや置き引き・ひったくりなどの「街頭犯罪」は17,333件と昨年よりも1,299件増となっている。

〔危険度〕

サバ州東側の島嶼部及び周辺海域並びに一部のサバ州東海岸(サンダカン,ラハ・ダトゥ,クナ及びセンポルナ周辺地域)  
レベル3:渡航は止めてください。(渡航中止勧告)(継続)

サバ州東海岸のうち,レベル3発出以外の地域(タワウを含む)  
レベル2:不要不急の渡航は止めてください。(継続)

〔医療〕

クアラルンプール市内の主な病院には,設備面において日本と同等レベルのものがある。診療レベルも高く,日本人が診療を受けるのに特に問題はない。日本への留学経験があり,日本語で診療が可能な医師も一部の医療機関に勤務しているが,多くの場合,日本語は通じないため,英語による診療となる。

宗教・習慣等の留意点

憲法上イスラム教を国教(連邦の宗教)と定めており、次のようなイスラム教徒の教義、風俗、習慣に留意する。

  • 酒、豚は摂らない。
  • 握手、物の受渡しは右手を使う。
  • 人差し指で指すことは、失礼であり、親指を使う。
  • 頭は、神聖な部分とされており、子どもでも頭はなでない。
  • 婦人に対しては、こちらから握手を求めない。
  • 日没から夕方の祈りの時間が始まるので,日没後1時間程度は,訪問及び電話を避ける。また,イスラム教徒を招待する夜の行事には,開始時間の配慮が必要。
  • 訪問、電話、招待については祈りの時間、断食等に配慮する。
出典

気候、医療

外務省「在外公館医務官情報 マレーシア」(2018年10月1日)

買い物、食事、住宅

国際協力機構(JICA)「世界の様子(国別生活情報)アジア マレーシア」(2012年)

治安、宗教・慣習等の留意点、危険度

外務省「海外安全ホームページ マレーシア 安全対策基礎データ」(2018年09月12日)

※当データベースについては、細心の注意を払って情報収集をしておりますが、必ずしも正確性または完全性を保証するものではありません。国土交通省は、閲覧者が当データベースの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

トップへ