海事

国際海事機関(IMO)における船舶の国際基準の動向

 船舶は、国際間の人の移動や貨物の輸送に使用されるものであるため、船舶の自由な航行を損なうことなく、その安全性を確保し、海洋環境の保全を図るためには、国際条約により、全世界で画一的な原則及び規則を設定することが必要です。
 現在、国際連合の専門機関である国際海事機関(IMO)において、SOLAS条約やMARPOL条約に規定されている海上安全及び海洋環境保護に関する国際的な技術基準を常に見直しています。
 我が国は、世界有数の造船・海運国として、技術的検証に基づきさまざまな提案を行うなど、国際的な議論に積極的に参加しています。

※国際海事機関(IMO)の詳細はIMOコーナーをご覧下さい。

EQUASIS(国際船舶データベース)

EQUASISはサブスタンダード船を排除し、船舶の安全及び海洋汚染防止の一層の向上を図るため、船舶や運航者に関する幅広い透明性のある情報を1つに集約し、インターネットのホームページ上に公開する情報システム(EQUASIS:European Quality Shipping Information System)です。
クオリティーシッピング(安全・環境性能等の質の高い海運)の実現に向けて、先進海運各国とともに、我が国もEQUASISの運営に参画しています。

Get ADOBE READER

(別ウインドウで開きます)

  PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Acrobat Readerが必要です。
  左のアイコンをクリックしてAdobe Acrobat Readerをダウンロードしてください(無償)。
  Acrobat Readerをダウンロードしても、PDFファイルが正常に表示されない場合はこちらをご覧ください。

 

お問い合わせ先

国土交通省海事局安全政策課 
電話 :03-5253-8111(内線43-567)
直通 :03-5253-8631
ファックス :03-5253-1642
国土交通省海事局海洋・環境政策課 
電話 :03-5253-8111(内線44-178)
直通 :03-5253-8636
ファックス :03-5253-1644

ページの先頭に戻る